ドラムとDTMのメモ帳

ドラムとDTMのメモ帳

ドラムやその他楽器、宅録・DTMを中心に書いてます。

ドラマーがスティックの次に揃えるモノは「スローン」と「ペダル」だ!

どうもーテツです。最近になってブログ欲が出てきまして、色々と語りたい今日この頃です。

 

今回は「ドラマーにとって必要なもの」について。ドラムを始めてみると実にたくさんのものが必要となるわけですが、僕はこの説をすごく推したい。

 

ドラマーがスティックの次に揃えるモノは「スローン」と「ペダル」だ!

 

どういうことなのか、ちゃんと説明していきますよ。

ドラムを始めたら、欲しくなる色々なモノ

Pearl RFP924XSP/C Reference Pure 4-Piece Drum Set - Vintage Tobacco Burst [並行輸入品]

初めてドラムの前に座り、スティックを手にしてから色々なものが欲しくてたまらなくなりますよね。

 

スティック、ブラシ、教本、教則DVD、練習台、電子ドラム、スネアドラム、シンバル類、はたまたドラムセット全体。数え始めるとキリがありません。

 

でも実際は自宅の環境や費用の問題から手に入れることができません。「ドラムはスタジオのものや軽音楽部の部室にあるものを使うし、家だとドラムは練習できない…」そういうものです。

 

だからこそ、僕はスローンペダルはしっかりしたものを使え!と言いたい!!!

 

スローンとは?

ドラムの人が座るための椅子のことをスローンと呼びます。背もたれ付きのものや、足が4脚になっており安定性を増したモデルなど各メーカーから様々な種類のものが出ています。

 

ペダルとは?

バスドラムを演奏する場合に必要な、踏むとビーターと呼ばれる部分が動く構造を持つパーツです。ツインペダルとかかっこいいよね。

なぜスローンとペダルなのか?

TAMA タマ スタンダード ドラム・スローン HT130

理由は単純で、最も身体に触れることが多い部分だからです。力が最も伝わりやすく、レスポンスも大きい。いくら演奏が達者だったり、良いドラムを使っていたとしても上手く力が伝わらなければしっかりとした音を出すことは出来ません。

 

「そんなの、ドラムセットなんてスタジオに置いてあるし、ライブの時だって用意してくれるじゃん」と思っている方には「だからこそ自分に合ったものが必要なんだ」と言いたい。

 

スタジオに置いてあるドラムは、結構ぞんざいな扱いを受けていたり、前に使っていた人の影響でヘンテコな状態のままになっていることが多いです。軽音楽の部室に置いてあるドラムなんて誰もメンテナンスしないので、言わずもがな。

 

スローンを用意することで、いつでも自分に合った高さ、感触でプレイでき、リズムの安定感が向上します。嫌なズレに悩まされることもありません。

 

また、ペダルも用意することで自分に合った足の踏み心地、跳ね返りの感覚をいかなる場所でも一定に出来ます。例えば、ツインペダルにすることでも演奏の幅が広がりますし、何よりもどんな状況でも自分の演奏スタイルに影響が出なくなるのが一番のメリットです。

 

スネアドラムだけ買っても後で絶対後悔する

CANOPUS カノウプス スネアドラム Oil Finished Maple MO-1455 14

よくあるのが、慣れてきてからスネアドラムを買うという人。気をつけた方がいいですよ。

 

こんなことを言っている僕も、ドラムを始めてから3年目くらいにCanopusのスネアドラムを買いました。他のバンドと音の違いが欲しくて、自分専用のスネアドラムに憧れてのことでした。

 

しかし、スネドラムの管理って大変なんですよね。テンションの調節とかヘッドの張り替え、ミュートやスナッピーの調節とか。確かに持ってて楽しいんですが、ペダルを買ってからでも遅くはないです。むしろペダルの管理や運搬の方が楽だし、費用対効果が大きいです。

それでもダメならペダルだけでも持っておこう

DW DW-5002AD4 Delta4 ドラムツインペダル

スローンは安ければ1万円代から、ペダルもしっかししたものだと2万円代からあります。スローンは基本的に運搬に適していないので、共用のドラムを使っている方や移動の多い方はペダルだけでも持っておきましょう。世界が変わります。

 

部活動などでドラムをされている方でペダルの感触に納得行かない方は、嘆願書を出して部費でしっかりしたペダルに替えてもらうのも1つの手です。

預かったギターを軽くメンテナンスしてみた

 

どうもーテツです。最近になってやっと、ギターやベースの弦交換や調整に挑戦しています。

 

今回は預かり物のアコギを弦交換&軽いメンテナンスしてみました。ドラマーなんだけどなぁ…。

YAMAHA DW-4 TBS

今回調整するのはYAMAHA DW-4 TBS。1998年製の当時定価38,000円(税抜)のエントリーモデル。

f:id:tetsu_9310:20170626064930j:plain

ぱっと見た瞬間に気になる「熊出没注意」のステッカー。持ち主さんによると「元々は祖父のもので、貰ったときには付いていた」らしい。これも剥がして欲しいとのこと。

f:id:tetsu_9310:20170626065400j:plain

若干ネックが左にねじれていたけど、問題ない程度だったのでそのまま弦交換をすることに。

f:id:tetsu_9310:20170626065825j:plain

やけに写真がボヤケてますね…レンズが汚れてるのかな。とりあえず作業に必要な一式は

  • ストリングスワインダー(弦を緩める&締める)
  • ボックスレンチ(六角ナット締め)
  • ギタークロス(ボディを拭く)
  • ブリッジピンプラー(ブリッジピンを抜く)
  • ペンチ及びニッパー(弦を切る&曲げる)
  • ピカール(フレットのサビを取る)
  • フレット磨きプレート(指板に研磨剤が付くのを防ぐ)
  • ネックオイル(ネックの乾燥を防ぐ)
  • ポリッシュ(ボディ&ネックの汚れを落とす)

中でもストリングスワインダー、ブリッジピンプラー、ペンチの役割を全て果たすダダリオのワインダーが使いやすくておすすめです。

Planet Waves by D'Addario プラネットウェーブス ストリングワインダー ギター用 ニッパー付き Pro-Winder DP0002 【国内正規品】

f:id:tetsu_9310:20170626071424j:plain

f:id:tetsu_9310:20170626071437j:plain

f:id:tetsu_9310:20170626071448j:plain

ネックオイルをネックに染み込ませて、汚れも拭き取ります。

f:id:tetsu_9310:20170626071648j:plain

今回張り替える弦はダダリオのEJ-15。フォスファー・ブロンズというブロンズにリンを混ぜた合金を使っていて、きらびやな高音音のノビ耐久性も高いのが特徴です。

D'Addario ダダリオ アコースティックギター弦 フォスファーブロンズ Extra Light .010-.047 EJ15-3D 3set入りパック 【国内正規品】

f:id:tetsu_9310:20170626073202j:plain出てきた弦をギターの内側へと曲げます。f:id:tetsu_9310:20170626073936j:plainそのまま通した弦の下へ回して

f:id:tetsu_9310:20170626072404j:plain

上に曲げます。写真では曲げた部分に余裕がありますが、できるだけ隙間が出来ないようにしっかりと引っ張ると良いですね。

f:id:tetsu_9310:20170626074131j:plainここから普通に巻いていきます。そうすると、持ち上げた弦が巻いていく弦によって押さえられ、曲げた部分をカバーしてくれるため弦が切れにくくなります。f:id:tetsu_9310:20170626074401j:plain

ちょっと5,6弦に余裕が出来ちゃったけど、同じように全ての弦を巻きつけて完成!(許して)

f:id:tetsu_9310:20170626074451j:plain弦高もちょうどいい感じ。

f:id:tetsu_9310:20170626074843j:plain

f:id:tetsu_9310:20170626081858j:plain

ステッカーを剥がした跡が残ってしまったのはご愛嬌…

 

今回はアコギでしたが、楽器だけは大量にあるので色々とメンテナンスしていきたいと思います。もしも「ギターの弦交換やメンテナンスがわからない!!!」という方が居ましたら、コメント頂けると幸いです。

ウクレレを買ったので色々と調整してみるの巻

どうもーテツです。

 

最近、何を思ったか某楽器屋でウクレレを購入しまして、これが弾きづらかったので、調整してみることにしました。

 ウクレレの紹介

んで、買ったのはこのウクレレHanarei(ハナレイ)HUK–80

f:id:tetsu_9310:20170626055417j:plain

ウクレレの中でも最もポピュラーなソプラノウクレレというサイズ。8,000円くらいで買えたので、初心者には丁度いいかなと。ただ、最初に張ってある弦が硬い。

 

僕はウクレレ弾きでもないし、ましてやギターやベース奏者でもないのであまりこだわらなかったけど作りも粗が目立つしフレットも低い。若干フレット音痴なので細かい所が気になる方にはオススメはしません。ただ、元々の鳴りは良いです。

 

ちょっと弾くには十分なモノなので、折角だしメンテナンスして使い込んでやろうということに。まず、最初に張ってあった弦を外し新しい弦に貼り替えます。

f:id:tetsu_9310:20170626060624j:plain

 めっちゃ乾いてるので指板オイルでも塗っておこう。ギターに使ってるものを併用できるのがありがたい。

f:id:tetsu_9310:20170626055703j:plain

張り替えたのはこの弦。ウクレレ弦の中では最もスタンダーな弦らしい。

f:id:tetsu_9310:20170626060353j:plain

最初の弦を見てみると、弦の根元を結んで止めている様子。1弦、2弦は細いため外れやすいので、二度から三度くらい結ぶようにしましょう。こうすると外れにくくなります。

 

ブリッジに弦をひっかけたら、次はペグに巻きつけます。一度穴に通してから、結んで外れないようにします。巻く方向はネックの中心へと集まる方向へ。ナイロン弦は伸びるので、1フレット分の長さだけゆとりを持たせて巻くと、ペグ上ではちょうど3周分ぐらいの余裕になります。

f:id:tetsu_9310:20170626060450j:plain

良い感じ

f:id:tetsu_9310:20170626060816j:plain ヘッド裏に付いていた「Made in China」のシールがあまりにも格好悪かったので剥がしました。

f:id:tetsu_9310:20170626060926j:plain

これで弦交換は完成。最初の状態だと演奏しづらいので、調整出来る人にとっては良い買い物かも。

まとめ

f:id:tetsu_9310:20170626061003j:plain

ギターに比べて簡単で誰でも始めることのできるウクレレ。お値段も手頃で何よりもカワイイオシャレですね。「ギターやベースはちょっと…」という方でもオススメの楽器です。僕もちょっと頑張ってみます。

 

次はコンサートウクレレが欲しいなぁ…(気が早い)

作曲家との作曲依頼者のマッチングについて

どうも、テツです。

 

最近になって、かつて同じバンドだったボーカリストさんから「作編曲を頼みたい!」との依頼がありました。現在誠意製作中です。

 

その時久々に会話をしたので、思ったことを書いていこうと思います。

 

続きを読む

ローランドのトリガーを使ってハイブリッド・ドラムを作ろう!【~準備編~】

f:id:tetsu_9310:20170222012400j:plain

 どうも皆様こんにちは。テツです。

 

ドラムを始めてからまずぶつかる壁が生のドラムなんて家に置けねえよ!!!という問題なんですが、今では電子ドラムという便利な製品があります。

続きを読む

© 2016 ドラムとDTMのメモ帳