ドラムとDTMのメモ帳

ドラムとDTMのメモ帳

ドラムやその他楽器、宅録・DTMを中心に書いてます。

DTMってなんだ!?作曲も編曲も録音も全て自分がやる時代!

f:id:tetsu_9310:20180216111555j:plain

どうも!テツです。

前回「DTMに必要なもの4つ」という記事を投稿したんですが、それぞれの詳細記事を上げようと思って早3ヶ月経ってました…ごめんなさい。

 そもそもまずDTMって何?って人も居ると思うので、今回はDTMについて説明したいと思います。

DTMとは

DTMとはDesk Top Music(デスクトップミュージック)の頭文字を取った造語で、音楽制作を全てPCや電子楽器で済ませた楽曲、またはその行為のことをいいます。

 

録音スタジオに行かずに、ギターやピアノなどの生の楽器も持たずにPC上だけで全部完成させるってことですね。ちなみにアコギやエレキなどを自宅で録音する場合もDTMと呼びますが、どちらかと言うと宅録(自宅録音の略)の方が正しいのかも。

DTMの最大のメリット

それは、「楽器が演奏できなくても曲が作れる」ということ。ピアノやヴァイオリンが弾けなくても大河のテーマソングが作れちゃうし、ギターが弾けない人でもバンドっぽい曲が作れます。

 

加えて、「お金が掛からないこと」も大きいです。本来であれば演奏者に依頼し、スタジオを借りて録音して編集する…となると莫大なお金と時間が掛かります。それが自宅で出来るわけですね!環境さえ整えてしまえば録音するよりも良い音で曲が作れます。

DTMのデメリット

 デメリットを考えるなら生の音には敵わないということ。打ち込みだけでは、ベースやドラムの独特なリズムの取り方やギターのニュアンス、弦楽器の響きは本物の楽器には勝てません。

 

さらに、加工編集を全て自分で行う負担もあります。スタジオであればプロのミキサーやエンジニアに頼めば曲として綺麗な形になりますが、自宅でコツコツ行うDTMは作曲・編曲・ミックス・マスタリング・CDへの書き出し等全てを自分が行わなければなりません。

まとめ

PCさえあれば誰でも挑戦できるのがDTMです。必要な機材を揃えて自分だけのオリジナルソングを作っていきましょう!

 

必要なものはこちらでまとめています!

drum-dtm.hateblo.jp

 

 

 

© 2016 ドラムとDTMのメモ帳